食育に関する活動の報告ページ

第62回ぱくすく料理教室

参加団体名 ㈱カスミ・クッキングスクールネモト
実施日時 2019年02月02日 (土) 10時00分 ~ 13時00分
実施場所 茨城県土浦市上大津公民館
関連リンク1 ココアゼリー
関連リンク2 かぼちゃのスコーン
第62回ぱくすく料理教室
第62回ぱくすく料理教室は、茨城県土浦市上大津公民館にて実施いたしました。
今年で4回目の実施となりますが、毎年バレンタインに合わせたスイーツクッキングの教室になっております。
今年も沢山の方々にお申込み頂きました。

今回は、お家で簡単に作れるココアゼリーと、プレゼント用にもピッタリのかぼちゃのスコーンを作ります。
さっそくクッキングスクールネモト石澤先生のデモンストレーションがスタート。

さっきまで粉だったものが、様々な材料を混ぜることでまとまったり、温めた牛乳にゼラチンを入れただけで固まってきたりなど、お菓子作りは不思議がいっぱいですよね。

みなさん真剣に先生のお話を聞いていました。
さっそく実習がスタート。
ココアと砂糖、温めた牛乳にゼラチンを入れて混ぜていきます。

デモでは簡単に見えたけれど、混ぜる作業は意外と大変…。
みなさん交代しながら進めていきました。
ゼリーを冷蔵庫に入れたら、スコーン作りへ。

小麦粉に細かく切ったバターを入れて手ですりつぶしながら合わせていきます。

自分の手でこねていくという、普段なかなかできない体験にみなさん楽しんでいる様子でした。
生地ができて少しのばしたら、抜型で抜いていきます。

今回はバレンタインということでハート型で抜きました。

焼き上がりが楽しみですね♪

オーブンで15分ほど焼くとおいしそうなスコーンが焼きあがりました!
教室いっぱいに甘い匂いが広がります。

最後は一番のお楽しみのデコレーション!
チョコレートとアラザンを使ってみなさん思い思いに可愛くデコレーションしていきました。
本日の完成品がこちら!

可愛いハートのスコーンと、ココアゼリーにもイチゴとホイップを飾りました。

スコーンはジャムやホイップを塗って食べても美味しいですよ~と石澤先生が教えてくださいました。
おまちかねの試食タイムです。

自分たちで作ったスイーツ、各テーブルから美味しい!との声がたくさん聞こえてきました。

見た目も可愛くて嬉しいですね♪
スコーンは袋に入れてお持ち帰りもしました。
今回も食材はすべて㈱カスミ様から無償でご提供頂きました。いつもありがとうございます。

ご協力頂いたクッキングスクールネモトの先生方、職員の皆様、ありがとうございます。

来年もよろしくお願いいたします。
活動報告をつくろう!! 他の活動報告を見てみよう!
ぱくすく食堂ってなぁに おとなの方はこちら こどもの方はこちら ぱくすく食堂を正しくつかうために インターネットを利用するときは
そのほかの質問をみる
ページのトップへ
主な食材
野菜の食材の色